なくる の書庫

管理人「なくる」が長文として残しておきたい題材を保管しておく書庫的なもの

第66回(2016年) 調布祭ミスコンを終えて~後編~

前編・中編と続き、ようやく後編です。気づけば もうミスコンから1週間か...。

前編→第66回(2016年) 調布祭ミスコンを終えて~前編~ - なくる の書庫

中編→第66回(2016年) 調布祭ミスコンを終えて~中編~ - なくる の書庫

 

今までのあらすじ

  • '16電通大ミスコンでは「ソロ優勝」という大義名分を打ち立てるため、過去の「電通大ミスコン*1」を分析し、筆者自身の解答を得たのであった。
  • ミスコンでは「渋谷凛」役として、加えて5キャラを加えた全6キャラでステージを作ると決意。
  • 演技は「誰にでもわかるような演技構成」を目指して作成

 

そういえば、筆者自身の解答って何さ?

完全に結論を述べるの忘れてました。ごめんなさい。

筆者自身が導き出した「電通大ミスコン ソロ優勝」への答えは以下です。

  • 一人で複数キャラを演じる意外性
  • 誰にでもわかるような演技構成。予選は予選、決勝は決勝と区切り、出し惜しみをしない演技構成の作成(それでも話は繋がっている)。 
  • ステージ上に演者以外を配置し、疑似的にステージを狭くする。これにより、ステージが演者一人に大して広すぎるということを防ぐ。

 

これにソロ優勝への縛りプレイを加え、目的であるソロ優勝を目指しました。

 

2016年のミスコン企画舞台部門 参加団体

 ねいぴあ くんが作ってくれたモーメントをお借りします。

 

予選1組目:「Pumpkin heads」

 宣伝のインパクト高すぎやろw しかもダンスガチ勢とのことだったので初参加とはいえ油断禁物。

 

予選2組目:「WEOミスコン部門」

  ツイートでは ミスコンで昨年の写真審査賞のクマさんが出てくるとは思わなかった。それと今年の演技は2014年・2015年を引き継いだ演技ということがわかり、「そうか... ねいぴあ くんは2016年の演技を今までの総決算にするんだな...」というのが ひしひしと感じられた。

複数キャラ... やはり演者が考えることは同じなんだな...

 

予選3組目:「電通大女騎士団」

 女騎士の はつほ さんはミスコン3年目+優勝経験者ということもあり、当日まで何をしてくるのか わからなかった。非常に楽しみである一方、非常に強敵。

 

予選4組目:「ひと目で、尋常でない団体だと見抜いたよ」

 ある日の会話

なくる:「masakaくん何やってるのー?」

masaka:「自身の声をチノちゃんに変更するボイスチェンジャー作ってます」

なくる:「???」

masaka:「ミスコン当日は研究発表します」

なくる:「???」

 

ということがあって、今年のミスコンは楽しくなりそうだ...!と思った瞬間であった。

 

予選5組目:「ピュアジェネレーション」(筆者の団体)

 昨年「Salzburg Engel」のときは最後から2番目の演技でした。そして今年の「ピュアジェネレーション」は最後から3番目の演技。昨年の想いを今年のリベンジに変えて。

 

予選6組目:「調布ビタースイーツ♪」

 芽兎めう役のチャリネスくん だけは '15電通大ミスコンの「ハピライカ」でアーニャちゃん役だったので知っていました。でもって実際可愛かったし、今年は どんな感じになるのか楽しみでした。

 

予選7組目:「SWEET'S PROGRESSIVE」

 この団体が ひなビタ2組目だと気づいたのは 調布祭の数日前という...。ここもミスコン歴が長く、噂ではミスコンで音ゲーをする、ということも聞いていたので 当日まで どんな演技をするのか謎のままでした。

 

補足:ミスコン企画写真部門

ここでも ねいぴあ くんのモーメントを拝借...。

 

筆者の名前がないけど...?という方のために補足です。

筆者、

 とかしてるくせに、

 という感じで カメラを向けられたときの笑顔が全くもって苦手、ということもあり、今回参加を断念しました。

写真部門参加者の顔ぶれを見ると みなさんレベルがお高い...。もっと笑顔の練習しなきゃ...。

 

参加団体は大勢いらっしゃいますが...

 筆者の頭の中は80%以上がコレ。

再び同じ舞台に立つことを夢見て早一年。当日までお互いの演技内容はわからずとも、出来る全てをあのステージにぶつけよう!ステージ上でめいいっぱい輝こう!

 

ミスコン当日の様子 

 この日は あいにく 悪天候の雨。ミスコンの開催も何とかできた、という感じでした。それでも見に来てくれたみなさん、本当にありがとうございました。

色んな方がミスコン当日の様子をブログにまとめてくださっているので、ここでは筆者とその周辺のオフレコの話をします。

 

まず筆者。当日の ぴにゃうさぎ の準備が長引いて会場入りが遅れ、メイクが演技ギリギリまで押してしまいました。急ぎつつも的確にメイクをしてくれた まっちゃ さんには感謝しかありません。本当にありがとう。

 

メイク中に予選1組目の「Pumpkin heads」の出番がやってきました。筆者自身、昨年のミスコン関係者のみなさんに励まされたので、控室を出る初参加の二人に「落ち着いて!がんばって!」とエールを送り、再びメイクへ。

予選4組目の「ひと目で、尋常でない団体だと見抜いたよ(以下、ひと目)」の演技が始まる前までにはメイクが終わり、控室から控えテントへ。「ひと目」の出番になり、ステージを見つめるmasakaくんに「がんばって!行ってらっしゃい!」と声をかけ、筆者自身の出番を待ちました。

 

ようやく出番。天気が雨なのか それとも傘のせいなのか、観客席の密集度が昨年よりも低かった気がします。そうか、これがデレマス1期最終回の第13話か。ニュージェネの舞台が目の前にある。雨が降っていようと、筆者が出来ることはただ一つ。

「見てくれる人、みんなを笑顔にする!」

 

実はダンス中にミニハットを落としてしまい、踏んで転んでもしたら大変なので 踊りの途中にサッと動かしました(まっちゃさんには間奏中にしよ?と言われましたがw)。審査員の方々にはどう映ったのかわかりませんが、ダンスは体に染みついていたので途中で焦ることもなく 演技を終えました。

 

そんなこんなで全予選演技も終了し、写真部門の発表へ。

ねいぴあ くん二連覇おめでとう!!

すし さん 特別賞おめでとうございます!! 

 

さてさて、次に迎えるのは決勝進出団体の発表です。昨年はここで名前が呼ばれず、敗者復活でも呼ばれず、その後は「アステリズム」さんの応援に入りました。しかし今年は敗者復活戦がありませんので、ここで最後。呼ばれなければ決勝には行けません。

司会さんの「決勝進出 1組目は...」の後、

ピュアジェネレーションさんです!」

「よっし!!」@控えテントにて

思わず叫んでしまったw

 

この後「電通大女騎士団」さん、「WEOミスコン部門」さんが呼ばれ、決勝に進んだのは なんと過去の優勝経験者と準優勝経験者。なんというメンバーが揃ったことか。

くじ引きの結果、演技順は 「WEOミスコン部門」→「電通大女騎士団」→「ピュアジェネレーション」の順に決定。そして意気込みを語るわけですが、ねいぴあ くん(=WEOミスコン部門)...泣いてる?

筆者は泣きの演技だと思い込んでおり、決勝準備で一度控室に戻っても そのまま。

思い返せば 昨年出番の前に一番元気づけてくれたのは ねいぴあ くん本人。これは何かの形で彼(彼女)に返さねばいけない。そこで肩を軽く叩いて一言。

「がんばろ!全力、出し切ろう!!」

 

こうもしているうちに決勝演技が始まりました。雨なので控えテントに待機です。

まず「WEOミスコン部門 」さん。演技が見れず音声だけだったけど、正直泣いた。構成が完璧。演技まで見ていたら号泣していたんじゃないだろうか。控えテントの中で「あ...負けたわ...」と思った瞬間であった。

次に「電通大女騎士団」さん。開幕同時のリアルワールド!!グッと引き込まれる演技構成さすがでした。その後もダンスあり、面白さありと、さすがの演技でした。

 

最後に筆者、「ピュアジェネレーション」。入口手前で「うわ!むっちゃ緊張してきた!!」と言いつつ「準備頑張ってくれている皆さんのためにも 頑張ります!!」と言って舞台へ。

正直言えば ちょこちょこダンスを間違えていたのですが、失敗を恥ずかしがってはダメ、思い切りよく演じきろう。このステージは筆者自身にしか出来ないのだから...。

 

 

決勝結果:ピュアジェネレーション優勝

 

あとは筆者が語るよりも写真を見た方が早いと思います。

2016年電通大ミスコン写真 - blog.204504byse.info

 

ミスコンを終えて

まず一言。

電通大ミスコン ソロ優勝達成!!」

 

正直ね、演技順ってのもあると思う(予選演技順5番目+決勝演技順3番目のトリ)。あと今年は3人以上の団体が いなかったこともあって、昨年や一昨年と単純比較をしていいのかは わからない。だけど、電通大ミスコン優勝はソロ参加でも可能、と言ってもいいのではないだろうか。少なくとも筆者の演技で楽しんでもらえたのなら それだけで幸せ。

 

ミスコン関連のツイートは ねいぴあくんのブログに よくまとまっているので筆者がまとめるまでもないでしょう。 

以下、祝勝ツイートなど

  これ、優勝したときに告白したやつ。覚えていたくれた人いたんだなぁ...と しみじみ思いました(嬉しい)。

 

はちゃ先生から お褒めの言葉をいただきました。ありがとうございます!!

 

 

 当日のツイートの中には「雨だから もう帰ろう」というツイートも いくつかありました。そりゃ あの雨の中 じっと立って見るなんて 大変なことですよ。

別に帰った人を責める気なんか微塵もありません。あの雨の中でも応援してくれた方々がいて、ミスコンを見ていた方々が笑顔で「今年は良いミスコンだった」と思っていただけたなら、それほど嬉しいことはありません。

ミスコン関係者と観客のみなさん、当日はお疲れさまでした!!

 

個人的に紹介したい方々(演者サイド)

 ミスコン参加者の方々は大勢いらっしゃいますが、その中でも特に書いておきたい方々を紹介してみる。

ねいぴあ くん

<ミスコン経歴>

2014年:「WEOミスコン部門」の星井美希役としてソロ初出場。

    敗者復活戦を経て準優勝(ソロ)。

2015年:「Chu♥'s~CollegeIdolFestival~」の綾瀬絵里役として出場。

    決勝には残念ながら進出できなかったものの、個人では写真審査賞受賞。

2016年:「WEOミスコン部門」の星井美希・綾瀬絵里役として出場。

    舞台部門では決勝第3位、写真部門では堂々の二連覇達成。

 

電通大ミスコンを心から愛し、心から盛り上げようとしてきた重要人物。

'14電通大ミスコンで ねいぴあ くんのような逸材が参加していなかったら、筆者はミスコンに全く関わることなく終わっていたかも知れない。心から感謝。

 

ねいぴあ くんの何がスゴいかって言えば、

 普通に自撮りが可愛い。いや、可愛すぎやろ。

でもって調布祭になれば

 とミスコン写真部門への投票を促した人物でもあること。その結果、

 4桁にまで到達する投票数が得られたわけで。ねいぴあ くんなしでは ここまでの成功は なかったのでは ないだろうか。

本人は

 と言っているけども、

純粋なミスコンとして見れば ねいぴあ くんがミス電通大で いいと思う。筆者は「電通大ミスコン」という”舞台”で優勝したまでなので(ソロ優勝という点は譲らないけどw)。

写真部門2連覇は なかなか 出来ることではないと思います。本当におめでとう!!

 

 ねいぴあ くんとは昨年初めて同じミスコンの舞台に立ったわけで、

 本当にこれ。決勝進出が決まったときは「そうか...ようやく同じ舞台で戦えるのか...」と強く思ったし、同時に すごく楽しみで嬉しかった。ともに決勝の舞台に立てたこと、そして その きっかけを作ってくれたこと、あらゆることに改めて感謝。

 

はつほ さん

<ミスコン経歴>

2014年:「Amuse!」の綾瀬絵里役として初出場。

    「Amuse!」は2014年の優勝団体。

2015年:「東方電通郷」の霧雨魔理沙役として出場。

    決勝には残念ながら進出できず。

2016年:「電通大女騎士団」の女騎士(アルトリア―Saber)役として出場。

    舞台部門で準優勝。

 

まず陳謝。

 この記事っていうのが、

の一部に書かれてあった

「1人で出場した場合、100%決勝へは行けない」というジンクスが…”と

”「ソロ出場だと決勝行けないというジンクスがある」”

のことなんだけど、改めて文章読み直すと ものすごい錯誤(特に2つ目は その後 ”とかドヤ顔で書いてたけど、これはねいぴあさんさすがとしか言いようが無い。”と続く)。いったい過去の筆者は何を見ていたのか...。よく考えれば あの発言はミスコン関係者じゃないとできないよ...、うん。大変失礼致しました m(_ _)m

 

 話を戻して...。はつほ さんと初めて会った(顔と名前が一致した)のは、昨年の '15電通大ミスコンの敗者復活戦で順番待ちのためにステージ裏に待機していたときのこと。昨年はつほ さんは「東方電通郷」の魔理沙役として参加されており、昨年のミスコンは色々と荒れていたので ここではあまり触れませんが、ステージ裏にて

はつほ さん:「何コレ?はぁ??」

なくる   :「予選通過団体 あの2組なんですよね?え??」

はつほ さん:「とりあえず敗者復活 頑張ろう」

なくる   :「そうですね」

、という会話をしながら このとき頭にあったのは

なくる   :(目の前にイケメンの魔理沙おる...カッコよすぎやろ...)

、でした。はい。これが第一印象です。

 

のちのちミスコン歴戦の方だと知り、打ち上げだったりスイーツビュッフェ会を開いたりくださったりと、ミスコン参加者全体との交流会を取り仕切ってくださった方。この方なしでは、ここまで数多くのミスコン参加者が それぞれの想いを胸に抱いてミスコンに参加していたことには気づけなかっただろうし、ここまでミスコンの集まりが楽しいものだとは感じられなかったと思います。感謝。

 

 話は変わって、舞台でのダンスがキレッキレ。さすがは元優勝経験者といったところ。インタビューにもあったように、今回は女騎士役とオーク役の声を担当なさっていて、一人二役の話をされていた。一人複数人の吹き込みをしてくる団体が1つ以上出るだろうと踏んでいたら案の定だった。どちらもいい声でした。

 あと今年の写真。綺麗すぎ。さすが としか言えません。ねいぴあ くんには悪いけれど個人的に一番好きです。素晴らしい写真をありがとうございました。

 

masakaくん

<ミスコン経歴>

2016年:「ひと目で、尋常でない団体だと見抜いたよ」の香風 智乃役として

    ソロ初出場。

 

サークルの後輩くん。チノちゃんで研究発表した方ですね。

 ミスコンから知り合った方は知らないと思うけど、彼(彼女)の何がすごいかって、

  1.  TeResの調布祭冊子の表紙を描く(しかも1日で2キャラ分の線画を描く)。

  2.  TeResの調布祭恒例、AI対戦(一般の方も参加可)のプログラムを全て作る。

  3. DTM楽曲を1曲投稿(実際は違ったみたい。それでもタスク量ヤバいよね)
  4.  言わずと知れた、自身の声をチノちゃんの声に変換するVSTプラグインを自作。

  5. チノちゃん役でミスコンに出場

 という、ほとんど11月に集中した 忙しさ極まりないスケジュールをやってのけた方。いったいどんなスペックしてるんだよ... 強すぎだろ...。

 

 ミスコン参加者の中ではインパクト・爆発力ともに一番だったと思う。来年も出るみたいだし、来年の演技にも期待。

 

個人的に紹介したい方々(別サイド)

すし さん

<ミスコン経歴>

2014年:「ぷに研バンド」の一員として出場。

    決勝第3位。

2016年:写真部門で特別賞受賞。

 

 控えテントにミスコン企画の関係者さんが いる、と思っていたら オタクのコスプレをした写真部門参加の方で ぷに研の方だったとは...。すごくお綺麗な写真でした。特別賞おめでとうございます!

 

最近、

という話になったので 今度ご飯を食べに行くことになりました。色んな話が聞けることを 密かに期待☆

(追記)

†塩† の人、なるほど。あの量の †塩† は初めて見たw

 

まっちゃ さん

<ミスコン経歴>

2015年:「アステリズム」の本田未央役として初出場。

    敗者復活戦を勝ち上がり、決勝で準優勝。

 

まっちゃまっちゃまっちゃまっちゃまっちゃ~~~~~

 

今回の演技原稿やらダンスを見てもらったり、音源編集だったり、当日のメイクをしていただいたりしました(あと当日 終電逃したので泊めていただきました)。今年の演技構成は筆者と まっちゃ さんで練り上げたと言っても過言ではないと思います。

ありがとう まっちゃ、まっちゃ ありがとう。

 

 また ご飯行こう。

 

Q. なんで筆者は まっちゃ氏と同期なのに(同じ13生) なんで ”さん” づけなの?

A. デレマスの「ちひろ さん」と同じ。”さん” づけの方がしっくりくるから。

 

 今年のミスコン動画を見て

 サークルの後輩くんが あの雨の中 動画を取ってくれました。圧倒的感謝 (>人< )

 動画を拝見させてもらって思ったのですが、正直どの団体が決勝に進む&決勝で優勝してもおかしくなかったと思います。

初参加の2団体は 初参加ならではの爆発力というものがありましたし、筆者含め残りの5団体は 昨年のミスコンを受けて「演技者の説明→状況説明→演技」のような形を取っていて、「そうか、みんな同じこと考えていたんだな...」と しみじみ感じました。これだから電通大ミスコンは面白い。

 

後日談(その1)

改めて筆者のミスコン経歴を...。

2014年:この年のミスコンをきっかけにミスコン出場を決意。

2015年:「Salzburg Engel」の神崎蘭子役としてソロ初出場。

    残念ながら決勝には進出できず。

2016年:「ピュアジェネレーション」の渋谷凛役としてソロ出場。

    舞台部門で優勝(ソロ)。

 

 これ見るたびに思う。(それと、こんな記事も見つけた。)

ミスコン当日まで色々大変なことあったけど、電通大ミスコンでソロ優勝する、という金字塔が立てられたと思うと とても嬉しい。

 

今年はミスコン当日の写真が上がっているのでとても嬉しい一方、決勝の話に あまり触れられていないっぽいので こちらで補足しておく。(追記していただけたみたいです。ありがとうございます。)

以下、後日談的な補足。

 

「アンコール呼んでくれて...、みんなありがとー!!」

から決勝が始まります。そこから ぴにゃうさぎ に意気込みを聞き、

「掛け声は、チョコ、レー、トでいいかな?」

で掛け声確認。せーの!に続けて観客含め全員で「チョコレー...」と叫び、最後の「ト!」で 「できたて Evo! Revo! Generation!」が流れるようにしました。音源調整してるときに「これは...いい!!」と一人で遊んでましたw

 

その後 曲終了と同時に「流れ星キセキ」が流れ始める、という構成。まっちゃ さんと話していたとき、「この流れは強い」ということから この順番に。

 

このあと一度 観客とのやり取り。

「みんな!盛り上がってる??」からの

「うん。いい顔、してるね」も まっちゃ さんとの話し合いで決定。

そして最後は「Yes! Party Time!!」を踊って終了。雨でなければ もっと綺麗なウェーブが見れた気もしますが、友人や先輩が観客の方々にUOを配ってくださったおかげで 至る所でオレンジ色が綺麗に光っていた気がします。最高に楽しかったです。ありがとうございました。

 

それと、

 初めて言われました。ずっと練習していたわけではないけど、女声を練習し始めてから約1年、上達してきたのなら とても嬉しい。

 

後日談(その2)

 お気づきかとは思いますが...

 

まず、TeResは女装集団ではないです。断言します、女装集団ではないです。

実は昨年も TeResの立て看板関連のことをしていて(筆者は2014年度のイラスト班班長)、そのことを昨年のミスコンで話したり、敗者復活戦のときに進数がらみの年齢バレみたいなことをマジな気持ちでやったりしたんですが、ツイッタ―の反応が

「今年もTeResはネタ枠だったか」

いやぁ、さすがにキレました。こっちはTeResとして出ているわけではないのに、少しそれ絡みの話をしたらネタ扱いですか、そうですか、って感じ(過去の先輩方が なかなかに面白いネタをミスコンの舞台で披露していた影響でしょう)。そのこともあったので この記事書くまでは伏せてました。伏せきれてない?そんなことは聞いてないですw

 

今年は ちゃんと結果出してますからね。「TeRes所属の参加者がいる団体=ネタ枠」という観念は撤回していただきましょう。言うならば むしろこうです。

「TeRes所属の参加者がいる団体=面白いことを考える団体」

これなら許容します。今年初参加だった後輩2団体は来年も出るって言ってましたし、来年の演技にも期待です。

 

ミスコンを通して

 同じ学年やサークル、研究室など、人の輪が広がるきっかけは色々あるけれども、ミスコン参加者の集まりもそれと同じ。むしろ上下が幅広いせいか色んな話が聞けて、個人的には この集まりの一員になれて とても良かったと感じています。

 

あと、

 実際、ミスコン参加者の高齢化が激しい。参加者が集まらないとミスコンは成立しないのだから、ミスコンに興味を持った人は是非とも参加してほしい。

 ハードルが上がったのか下がったのかは 本人の考え方次第。「凄すぎるステージだった...」と捉えるのか、「ソロでも優勝できるんだ」と捉えるのか。筆者としては後者側の意見。ソロ参加でも優勝はできる、ということを今年証明したので、これからもソロ参加される方が増えてくれると嬉しいかも。

(追記:打ち上げの時に話していたのですが、今年のミスコンが凄すぎてハードルが高い、と感じる要因は どうやら演技構成だけでなく衣装や小道具の準備を考えてのことらしい、というのが最近わかりました。ミスコン参加者は基本 自分が楽しいから準備やら演技やらをやってるわけなので、もっともっとラクに参加していいのよ?)

それに、調布祭トリのイベントであるにも関わらず、ミスコンが熱い舞台であることを知らない人が まだまだ たくさんいると思う。そのためにも、我々演者が「今年も楽しかった」という舞台、「来年も見たい」という舞台を作っていかねばな...と思いつつ、心の中では「本人が楽しい舞台であれば それでいい」と思っている。本人が楽しくなければ、観客のみなさんも楽しむことは出来ないのだから。

さらに言えば筆者、予選ではミニハットを落とすわ、決勝ではダンスの振付を間違えるわ...と色々なことをしていましたし、もっともっと美しい演技が出来たのではないかと今でも思っています。しかし、失敗を恐れるよりも、失敗を跳ね飛ばす演技をすべきだと思います。何事も恥ずかしがってはダメ、堂々と演技しましょう。常にポジティブ。

 

そういえば団体名って...

 「ピュアジェネレーション」で登録しました。元ネタはご存じデレマス(モバマス)の「ニュージェネレーション」です。この「ピュア」という意味は単に「純粋=ソロ」という意味もあるのですが、どちらかと言えば

P:ぴにゃ

U:うさぎ

R:凛ちゃん

E:エンターテイナーの皆さま

です。最初3つは舞台上の出演キャラ、残り1つは演者さん・ミスコン企画さん・ミスコン協力者の皆さん・陰から協力してくださった皆さま・観客の皆さま全てを含みます。

簡単に言えば、このミスコンという舞台は 多くの人の力によって出来上がっている、ということです。多くの方々に感謝。

 

最後に

f:id:NaClcaramel:20161207061227j:plain

ぴぃいいいいにゃぁああああ(洗濯された ぴにゃうさぎ の図)

 

ここまで読んでくださった方、ありがとうございました。これにて2016年度ミスコンの振り返りを終えたいと思います。ツイートを見る限り、多くの方が来年のミスコンへの思いを馳せているように感じました。嬉しいことです。

最後に、未来のミスコン参加者へ一言述べて、この記事を終わりたいと思います。

 

「大切なのは笑顔とパッション。キミの演技は キミ自身にしか出来ないのだから」

*1:よーく考えたらタイトル調布祭ミスコンやん。名前はどっちでもいいと思うよ